イーバンク銀行のカードローン(旧楽天クレジット)

みずほ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』

銀行ならではの高額融資&低利率

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』。融資限度額は最高で500万円、利息も5.1%~14.6%と銀行ならではの低金利。インターネットと郵送で契約を完結!迅速な審査で即日利用が可能なカードローン。
バンクイック 実質年率5.1~14.6% 最大融資額500万円
審査回答迅速 初回限度額審査あり
申込受付24時間 担保・保証人不要
三菱東京UFJ銀行のカードローン『バンクイック』

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、お申し込みの際にお客さまのご希望にあわせて、普通預金キャッシュカード、
またはカードローン専用カードでの利用から選択が可能です。
みずほ銀行のカードローン 実質年率5.0~14.0% 融資限度額500万円
審査時間最短即日 資金使途原則自由
申込受付24時間 担保・保証人不要
みずほ銀行

法改正によって借入が難しくなる!

『総量規制』

2010年6月から導入される個人の貸し付けに対する法律が『総量規制』です。
総量規制により、個人の借入総額が原則、年収等の3分の1までに制限されます。
(個人が事業用資金として借入れる場合は、対象とはなりません。)

改正貸金業『総量規制』の除外

総量規制には、「除外」となる貸付けがあります。
不動産購入のための貸付け、自動車購入時の自動車担保貸付けなどは、
同じ貸付けの残高としてあっても総量規制の貸付残高には含まれません。

改正貸金業『総量規制』の例外

除外の貸付とは異なる「例外の貸し付け」というのがあります。
年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、
貸付けができるものです。

たとえば、緊急に医療費としてあと10万円借りたい、あるいは、顧客(利用者)に一方的有利となる
借換えなどが例外の対象となります。

複数の借入を一本にまとめることによって、返済総額が減ったり、月々の負担が減るなど、
利用者の救済に寄与するような場合は、例外的に貸し付けを認めるようです。