融資契約する場合に必携の書類

お忘れ無く!簡易審査の低額融資に持参する書類

事前に用意しよう!高額融資に必要な契約書類

契約時に使える書類 使えない書類

キャッシングやローンの申し込みに必要なものは、本人を特定できるものに限ります。

自宅に送られてきた郵便物、たとえば電話、電気、ガスなどの公共料金お支払い案内、宅急便などの受領表は本人を特定できる書類にはなりませんのでご注意を!

即日振込などの金融商品の場合、直接店舗や自動契約機に行って、その場で契約してカードや現金を受け取るケースでは、申込・契約を同時に行いますので、必携のものは絶対に忘れないで下さい。

大体は、下記のもの2つ以上持参すれば大丈夫でしょう。
ただし、現在有効であるもの、有効期限内であることを確認しましょう。

運転免許証

各種健康保険証

パスポート

外国人登録証明書

50万円を超える融資には、上記書類の他に、収入を証明するものが必要となります。

上記の書類は、写し(コピー)でOKですが、収入証明はローン契約機で契約する場合は、原本を求められる場合がありますので、写し(コピー)と原本の両方を持参するのがよいでしょう。

収入を証明するもの(例)

源泉徴収票

給料明細書など